ROHS分析会社に依頼【専門的な知識を元に検査】

電気機器の有害物質対策

女性

人体にも悪影響が出る

ヨーロッパでは環境問題への意識が高く、環境に悪影響を与える鉛や水銀といった物質の使用を制限しています。EUでは2003年にROHS指令を発令して、鉛や水銀など合計6種類の有害物質を指定し、電気製品に使用される有害物質の含有量の上限を決めました。電気機器が廃棄されると有害物質が環境にまき散らされ、有害物質を含んだエサを食べた動物や有害物質を含んだ水を吸い込んだ植物を人間が食べることによって人体にも悪影響が出るといった考えです。ROHS指令を守らなければ、EU内で製品を販売することができず、販売するには報告書を示して、特定物質の使用量を明示しなければいけません。ROHS分析をしているところは公的機関もあれば、民間企業もあります。ROHS分析の方法も精密分析だけをしているところもあれば、安価な簡易検査も扱っているところもあります。ROHS分析の依頼者は部材のサプライメーカーがほとんどです。それも自発的にサプライメーカーがROHS分析をするのではなく、上位の製品メーカーからの要求によってROHS分析をしている実情があります。そのため、ROHS分析をするときには必ず製品メーカーからの仕様を見て、どんな分析方法をすればよいかを確認するようにしてください。ただROHS分析さえすればよいからと簡易分析をしても認められない場合もあり、場合によっては新しく追加された有害物質のフタル酸エステル類だけを分析すればよいこともあります。

Copyright© 2018 ROHS分析会社に依頼【専門的な知識を元に検査】 All Rights Reserved.